バイク用バッテリーを防水ケースに格納して魚探で使用する方法♪

DIY

安価なバイク用バッテリーを防水仕様で使用する方法を紹介します♪

必要なもの

バッテリーや防水ケース以外にも、工作道具が必要になりますので一通り用意しましょう!

 

①バイク用バッテリー

 

②防水ケース

 

③バッテリー充電器

 

④ケーブルグランド

 

⑤電動ドリル

 

⑥ヤスリ

 

配線コード ダブルコード 黒赤

 

半田ごて

 

⑨ビニールテープ

 

⑩発泡スチロール(バッテリーの緩衝材として使用)

 

作り方

作成手順は大きく分けて3つです。

  1. 魚探の電源コードを防水ケースに取り込む。
  2. 魚探の電源コード⇔配線コード⇔バッテリー接続端子をはんだごてで接合する。
  3. 発泡スチロールでバッテリーを固定する。

 

まず側面にケーブルグランドを入れる穴をあけます。

大きく開けすぎると失敗するので、ドリルで下穴をあけて、ヤスリで少しずつ削りましょう!

バイク用バッテリーを防水ケースに格納して魚探で使用する方法♪

 

次にはんだごてを使用して、

「魚探の電源コード ⇔ 配線コード ⇔ バッテリー接続端子」を接合します。

接合した個所はショートしないようにビニールテープを巻いておきましょう。

バイク用バッテリーを防水ケースに格納して魚探で使用する方法♪

 

バッテリーが動かないように発泡スチロールを挟めて防水ケースに入れれば完成です!

バイク用バッテリーを防水ケースに格納して魚探で使用する方法♪

※ 取っ手についているバンジーコードは、カヤックに設置する際の落下防止用なので無視してください。

 

充電する場合はバッテリー接続端子を外して、充電器を取り付けます。

バイク用バッテリーを防水ケースに格納して魚探で使用する方法♪

ちなみに端子への取付/取外しには下記の順序があるので気を付けましょう!

  • 取付順序=プラス端子(赤)を取り付けてから、マイナス端子(黒)を取り付ける。
  • 外す順序=マイナス端子(黒)を外してから、プラス端子(赤)を外す。

コメント一覧