Garmin(ガーミン) ストライカー 4!ホンデックス611CNと比較!インプレ♪

魚探

USA Amazonで購入♪

Garmin(ガーミン) ストライカー 4!ホンデックス611CNと比較!インプレ♪

USA Amazonでポチった「ガーミン ストライカー4」が到着♪

 

USA Amazonだと英語だし、別の型式の魚探を調べると振動子だけが違う商品が出てきて惑わされますが、ストライカー4の場合は一番小さいサイズのデュアルビーム固定のようなので迷わず購入できます(*´ー`)ゞ

 

価格も日本Amazonは17980円なのに、USA Amazonだと破格の約13600円

でも時間は2週間程かかるので急ぎの方には向かないけれど、お小遣い制の方にはオススメ♪

 

ガーミン ストライカー4とホンデックス611CNの比較

周波数

友人の『ホンデックス 611CN』と比べると、周波数の個数の違いで『ガーミン ストライカー4』の私だけ探知できる魚がいました。

 

『ガーミン ストライカー4』はデュアルビーム搭載で一度に二つの周波数で探知出来ますが、『ホンデックス 611CN』は一つの周波数だけです。

  • ホンデックス 611CN = 200kHz
  • ガーミン ストライカー4 = 200kHz & 77kHz

 

周波数は低周波(77kHz)だと深く広く荒く探知し、高周波(200kHz)だと浅く狭く細かく探知します。

  • 77kHz = 水深は深い。範囲は広域。探知性能はざっくりとしか探知できない。
  • 200kHz = 水深は浅い。範囲は狭域。探知性能はキメ細かく探知できる。

 

200kHzと77kHzでは移り方が異なるので、『ガーミン ストライカー4』がオススメ♪

 

防水性能

『ホンデックス 611CN』はIPX6、『ガーミン ストライカー4』はIPX7になります。

  • IPX6 = 雨や水しぶきぐらいでは全く問題ないレベル
  • IPX7 = 一時的に水没しても浸水せず機器に悪影響の出ない防浸形

 

IPX6では水没した場合は最悪故障してしまう為、水没する可能性がある場合はIPX7が搭載されている『ガーミン ストライカー4』がオススメ♪

 

言語設定

『ホンデックス 611CN』は日本語ですが、『ガーミン ストライカー4』は英語です。

こちらのブログで日本語へ翻訳してくれています。型式は違いますがほぼ同じです。

 

日本語で分かりやすい『ホンデックス 611CN』がオススメ♪

 

フィッシュマーク表示

『ホンデックス 611CN』は魚の反応がフィッシュマークで表示されるので、魚のサイズなども一目で把握することができます。

フィッシュマーク表示が無くても色の違いで魚の量やサイズを把握できますが、魚探の表示に慣れていない方には『ホンデックス 611CN』がオススメ♪

 

GPS & 地図機能

『ホンデックス 611CN』は1/25000の海図や全国湖沼図が内臓されていますが、

『ガーミン ストライカー4』はエントリーモデルとしてコストを抑えて販売されているため地図データは実装されていません。そのため、白地図の上を移動することになります。

 

GPSを使う場合には『ホンデックス 611CN』がオススメ♪

※ガーミンも上位機種であれば地図が搭載されているようです。

 

電源

『ホンデックス 611CN』は電池ボックスが一体型になっていて、単三乾電池8本で約8時間使用することが出来ます。

『ガーミン ストライカー4』は電源コードの配線が剥き出しの状態になっていて、バッテリーで使用することが一般的ですが、単三乾電池8本を直列で繋ぐことによって電池で使用することも出来ます。

 

単三乾電池10本を直列で繋いで艤装した記事はこちら

 

面倒な作業なしに魚探を使用したい場合は、『ホンデックス 611CN』がオススメ♪

 

価格

『ホンデックス 611CN』は約44000円。

『ガーミン ストライカー4』は日本Amazonは17980円で、USA Amazonは約13600円です。

 

3万円近く価格差があるので、『ガーミン ストライカー4』がオススメ♪

 

ガーミン ストライカー4の説明書

Garmin(ガーミン) ストライカー 4!ホンデックス611CNと比較!インプレ♪Garmin(ガーミン) ストライカー 4!ホンデックス611CNと比較!インプレ♪Garmin(ガーミン) ストライカー 4!ホンデックス611CNと比較!インプレ♪

日本語はありませんo(TヘTo)

説明書は英語で読めませんが、絵で大体分かると思います。笑

絵に書いてない部品もありますが…w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

 

ガーミン ストライカー4とホンデックス611CNの比較結果

『ホンデックス 611CN』と『ガーミン ストライカー4』でオススメする機能はこちら!

ホンデックス 611CN

  • 言語設定
  • フィッシュマーク表示
  • GPS & 地図機能
  • 電源

 

ガーミン ストライカー4

  • 周波数
  • 防水性能
  • 価格

 

何を魚探に求めるのかによって、選択肢も変わってくると思います♪

悩むことも楽しみの一つだと思うので、釣りが出来ない時間を利用して楽しんで買い物をしましょう(^▽^)/

 

関連記事

Garmin(ガーミン) エコマップ チャープ 54CV!釣果を上げる使い方と魚探比較!インプレ♪

コメント一覧

  1. jj より:

    いくつも記事を読んでます
    めちゃくちゃ具体的ですし、めちゃくちゃ面白いです

    • BeerBoyBeerBoy より:

      ありがとうございます!!
      そう言って頂けると書いている甲斐がありますヾ(*´エ`*)ノ