コストコのカヤックに2馬力船外機を乗せる!【ゴム製アウトリガー空気漏れ/ポリエチレン製購入編】

DIY

前回は第二弾 魚探マウント作成をしました♪

 

前回から快適にカヤックを乗り回してたんですが、問題が発生しました∑(´Д`)

それはゴム製アウトリガーの空気漏れです!!

 

今回はゴム製アウトリガーからなぜ空気が漏れたのか!?

そして新しいポリエチレン製アウトリガーの作成をしていきたいと思います(^o^)ノ

 

2馬力カヤックの経緯

このような経緯で2馬力カヤックの作成や改造をしています(^-^)v

赤文字は今回の記事で行う手順です♪

  1. カヤックの購入
  2. 2馬力船外機の購入
  3. 船外機スタンドの作成
  4. 船外機マウントの作成
  5. 魚探マウントの作成
  6. アウトリガー取付
  7. テスト走行
  8. 第二弾 エンジンマウント作成
  9. 第二弾 アウトリガー・フラッグマウント作成
  10. 第二弾 魚探マウント作成
  11. ゴム製アウトリガー空気漏れ
  12. ポリエチレン製購入編

 

ゴム製アウトリガー空気漏れの原因

2馬力船外機での走行中にふとアウトリガーを見てみると、空気が抜けてペッチャンコになったアウトリガーの姿が∑(゚ω゚ノ)ノ エッ

 

膨らませたアウトリガーに水をかけて確認すると、ステーとの接合部に亀裂を発見!!

 

そこで難接着材料用の2液性接着剤を急遽購入

 

接着部の洗浄&乾燥で1日、接着剤の乾燥で1日の計2日かけて補修し、いざ釣行♪

最初は空気漏れもなく良好でしたが、釣行が5時間経過した頃

接着剤が浮いてしまいました∑(´Д`)

 

アウトリガーに一定の負荷が掛かり続けるのではなく、波によって断続的に負荷がかかるのが亀裂の理由?なのかなと思います。

製品が貧弱なだけ?かもしれませんが、ゴム製のアウトリガーはオススメできませんね( ;・∀・)

 

必要なもの

●ポリエチレン製アウトリガー

ポリエチレン製は現時点でこのアウトリガーしか見つかりませんでした!

他メーカーにも製作してもらって、競争して欲しい所です(‘A`)

また、シャフトが付属していない為、別途用意する必要があります。

 

●アルミ丸パイプ Φ28,2m

イレクターパイプがちょうどΦ28で合うとレビューを拝見しましたが、鉄製のため却下( ゚∀゚; )

値段が高いのでホームセンターや材料屋に問い合わせた結果、ネット購入が一番安かったです!

需要がないからかもしれませんね( ;´-`)

 

ディスクグラインダー

アウトリガーの商品説明では、シャフト差込口は約28mmと記載されていますが、Φ28のアルミ丸パイプが全く入らなかったので削るのに使用しました!

 

●Rピン(スナップピン)Φ28

アウトリガーの抜け防止や固定用に使います!

ネットにはΦ28用が見つからず、ホームセンターで購入しました♪

 

●シリコンシーラント(コーキング剤)/コーキングガン

コーキング剤はコーキングガンが無いと使えないのでセット商品です!

艤装時の穴埋めに良く使われるので、艤装をする方には必須品です(^o^)ノ

 

ポリエチレン製アウトリガー

購入したポリエチレン製アウトリガー♪

一見、頑丈な作りで値段が安く思えてしまいます(´∀`)

が!!2つも問題が隠されているんです∑(゚∀゚」)」

 

問題① 穴が空いている

普通の商品は欠陥がみつかると、その欠陥を修正して販売します♪

欠陥があればクレームがきたり、販売数に影響しますもんね!

 

しかしこの商品はその欠陥が修正されずに販売されているんです∑(´゚Д゚`)

見てもらえれば分かりますが、商品説明に色々な欠陥についての説明が書かれています。

 

金属スリーブをズラした状態

本当にエアーが漏れる(穴が空いている?)のか調べる必要があります(`・ω・´)

試しに金属スリーブと呼ばれている筒をアウトリガーからズラしてみました

 

内部を見てみると…

うわッ本当に穴だらけ∑(゚Д゚ノ)ノ!!

 

下側はまだイイ方です。

上側を見てみましょう(´・ω・`)

かなり広い穴が空いています!

水はあまり浸水しない場所ですが、少なからず浸水するでしょう…(ノω・`)

 

金属スリーブをズラしていない状態

残念ながら金属スリーブをズラさなくても、穴は見えてしまいます。

金属スリーブがなぜか短く、両側このような状態です∑(´゚Д゚`)

あと1cm長ければいちお穴が隠れるんですけどね…。

 

穴を塞ぐ

穴が空いているので、仕方なくシリコンシーラントとコーキングガンで塞ぎます(´・ω・`)

 

【施行前】コーキング浮いてませんか?雑過ぎですね( ゚Д゚; )

 

【施工後】たっぷり塗って、穴を塞ぎました(^o^)ノ

 

【施行前】浸水するか怪しいところも…

 

【施工後】念のため、コーキングしておきました(´∀`)

 

金属スリーブをズラした所の穴もしっかりコーキング(`・ω・´)ノ

実際に使用した所、ほぼ浸水はありませんでした♪

 

問題② 合うシャフトが無い

なんと合うシャフトが用意されていません…。

通販サイトではイレクターパイプがちょうどΦ28で合うとレビューを拝見しましたが、鉄製のため却下( ゚∀゚; )

 

「アルミ丸パイプ Φ28 2000mm」で肉厚が2~3mmあるものは値段が高く、ホームセンターや材料屋に問い合わせましたが、ネット購入が一番安かったです(´ー`)

 

これで一件落着かと思いきや…

このままでは金属スリーブの筒に入りませんでした∑(´゚Д゚`)

 

仕方なく両側をディスクグラインダーで削って入れました( ゚∀゚; )

 

 

ポン付け出来ないのでお金と手間がかかりますが、安定感は抜群です♪

 

 

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました