コストコのカヤックに2馬力船外機を乗せる!【第二弾 魚探マウント作成編】

DIY

前回は第二弾 アウトリガー・フラッグマウントを自作をしました♪

 

今回は第二弾 魚探マウントを自作していきます(*´ェ`*)ノ

 

第二弾 魚探マウントの自作手順

このような手順で竿作りを進めていきます(^-^)v

赤文字は今回の記事で行う手順です♪

  1. カヤックの購入
  2. 2馬力船外機の購入
  3. 船外機スタンドの作成
  4. 船外機マウントの作成
  5. 魚探マウントの作成
  6. アウトリガー取付
  7. テスト走行
  8. 第二弾 エンジンマウント作成
  9. 第二弾 アウトリガー・フラッグマウント作成
  10. 第二弾 魚探マウント作成

 

必要なもの

●レールマウント

魚探・エンジン・アウトリガーマウントの固定に使用します!

AliExpressで購入したものなので、下のリンクは類似品になります。

 

●SPF材 1X6

魚探マウントの土台になります♪

 

●ウェルナット M5

AliExpressの商品は品質が悪かったので、キタコのものを追加購入しました♪

 

外径は9.4mmだったので、9.4mmのドリル刃がベストです(´∇`)

 

●ドリル(インパクト)ドライバー/ドリル刃

カヤックに穴を空けるのに使います♪

 

ドリル刃はウェルナットの外径と同じ9.4mmがオススメです!

 

●スケール/定規

取付/切断位置の決定などに必要不可欠です!

合わせて鉛筆やマッキーなども用意しておくと便利です(´∇`)

 

●ヤスリ

カヤックの穴空け部や、寸切りボルトの面取り(尖り部の除去)に使います♪

 

●両面テープ

レールマウントの取付位置を決めるのにあると便利です!

 

●プラスドライバー/モンキーレンチ

レール・魚探・エンジン・アウトリガーマウントの固定に使用します!

 

ディスクグラインダー

寸切りボルトの切断、面取り(尖り部の除去)などに使います♪

 

●ボルト類

レールマウント取付用

  1. ナベネジM5x25
  2. ワッシャーM5
  3. 座金M5

 

エンジン・アウトリガー・魚探マウント取付用

  1. 寸切りボルトM6x1000
  2. ワッシャーM6
  3. ナットM6/レールマウント用ナットM6

 

魚探マウントの作成

まずエンジンマウントと同じように、レールマウントを取付けます

エンジンマウントでは取付用の長穴を2箇所増やして5箇所にしましたが、レールマウントには負荷は掛からないので3箇所のままにしました(´∇`)

 

寸切りボルト(M6)を長めに切断して、レールナットを取付け

 

魚探マウントに大きめの8mm~10mmの穴をあけておいて…

寸切りボルトに、魚探マウントを差します(。・ω・。)ノ

 

あとはフィットノブにM6ナットを詰めて閉めるだけ♪

ナットは動かないように、アロンアルファで固定しました(^o^)ノ

 

魚探の振動子は可動式に(´∇`)

出艇前はカヤックの上に!

出艇後は海中にセット出来るようにしました(・∀・)

 

魚探マウントの全体像♪

手前の白いケースはルアー置き場♪

ロッドに付けるルアーフックホルダーにかけるのが面倒なので、ケースに置くようにしてます(^o^)

一度使ったルアーも置くようにしているので、洗い忘れなし♪

 

木製で作るマウントの良い所は、好きなレイアウトで作れるところ(*´ェ`*)ノ

 

これで暫くはストレス無くカヤックフィッシングが出来そうです(o^─^o)ノ

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました